それは、一冊の雑誌から始まった
アニメージュ

アニメージュとジブリ展

415日(木)−55日(祝・水)
松屋銀座8階イベントスクエア

開演時間=午前10時30分ー午後7時30分
(最終日は午後5時閉場、入場は閉場の30分前まで)

展示会について

about

それは、
一冊の雑誌から始まった

鈴木敏夫が編集した1989年11月号までの12年弱にわたる『アニメージュ』をもとに、『機動戦士ガンダム』(1979)を軸とした爆発的なアニメブームから『風の谷のナウシカ』(1984)の成功、そしてスタジオジブリ誕生と『天空の城ラピュタ』(1986)までを振り返ります。そして、本誌を作るうえで確立していった鈴木流のプロデュース術とはどういうものであるか、それが後の作品制作にどのような影響を与えたのか、スタジオジブリのプロデューサーである鈴木敏夫の、“編集者”としての「もう一つの仕事」に着目します。また、鈴木敏夫と『アニメージュ』が日本ばかりか世界のアニメーションの歴史と昨今の日本文化に与えた影響も紹介します。

展示会概要

exhibition outline

アニメージュとジブリ展
~鈴木敏夫の仕事~ 
それは、一冊の雑誌から始まった

会期
2021年4月15日(木)-5月5日(祝・水)

会場
松屋銀座8階イベントスクエア
東京都中央区銀座3-6-1

開場時間
午前10時30分-午後7時30分《日時指定制》
(最終日は午後5時閉場、入場は閉場の30分前まで)
※新型コロナウイルス感染症拡大の状況により営業日・営業時間が変更となる場合がございます。詳しくは松屋ウェブサイトをご覧ください。

入場料
一般1,500(1,300)円、高校生1,000(800)円、中学生800(600)円、
小学生600(400)円
※( )内は前売り料金。
前売券は、ローソンチケット《Lコード:37000》にて4月14日(水)まで販売予定。

※チケット販売の詳細は決まり次第、公開いたします。

企画制作
ニュートラルコーポレーション
企画協力
スタジオジブリ・三鷹の森ジブリ美術館
協力
徳間書店、マクセル

巡回情報

traveling exhibition
宮城会場
会期
2021年3年6月19日(土)~9月12日(日)
会場
マルホンまきあーとテラス(石巻市複合文化施設)